中国茶の作り方紅茶編

中国茶の作り方紅茶編 後発酵茶

作るプロセスを紹介♪

1、『萎凋・いちょう』

摘み取ってきた茶葉を萎らせる作業です。
そして、含まれている水分で発酵を促します。

2、『揉捻・じゅうねん・ロウニェン』

茶葉に水分が含んでいる状態で茶葉を揉む作業です!
このプロセスで、茶葉の形を整え、成分を抽出しやすくします。

3、『発酵・はっこう・ファーシャオ』

紅茶の最大の特徴、茶葉を10cm前後に重ねて発酵させます。
緑色の茶葉が赤色に変わることから転色とも呼ばれています!

4、『乾燥・かんそう・ガンツァオ』

完全に発酵した状態で一気に乾燥させます。
ここで、茶葉の形も決まります。

中国に紅茶があるのを知らない方が多くいらっしゃいましたが、
中国の紅茶は、世界三大紅茶の一つ【祁門・ダージリン・ウバ】
あっさりとしていてほのかな甘みは、心を落ち着かせてくれます。

茶湯?香り?味?後味?湯温?

茶湯:高級感たっぷりの黒に近い赤茶色。
香り:ふわーっと広がる香りの中に優しさを感じます。
 味:口にひろがる甘みが最大の特徴です。
   あっさりとしているのに、確かなコクがあります。
後味:鼻に抜ける感じが非常に良いです何とも言えません。
湯温:100度のお湯で入れて、アフタヌーンティーを♪


Lesson6→次は黒茶の作り方です!