中国茶の作り方青茶編

中国茶の作り方青茶編 半発酵茶

作るプロセスを紹介♪

1、『萎凋・いちょう』

摘み取ってきた茶葉を萎らせる作業です。
そして、含まれている水分で発酵を促します。

2、『揺青・ようせい・ヤオチン』

茶葉を竹の筒に入れ、ぐるぐる回して摩擦で茶葉を発酵させます。
これを何度も繰り返してベストの状態までもっていきます。<

3、『殺青・さっせい・シャーチン』

揺青を終え、発酵が最高の状態で釜で一気に熱を加えます。
熱を加えることで茶葉に含まれる酸化酵素の働きを一気に止めます。

4、『揉捻・じゅうねん・ロウニェン』

熱が冷めないうちに、素早く布に来るんでぐるぐると回します。
茶葉に水分が含んでいる状態で茶葉を揉む作業です!

5、『乾燥・かんそう・ガンツァオ』

青茶の基本的な作り方を書かさせて頂きました。
場所による、お茶の作り方が違いますので、
これはあくまでも大体の作り方と認識して頂ければ、幸いです。
変幻自在の香りが青茶の特徴ですね♪

茶湯?香り?味?後味?湯温?

茶湯:透明感たっぷりの綺麗な黄緑色。
香り:大勢の人たちを虜にしてしまう香りは、芸術的です。
 味:「旨い!」と言わせてしまうのがこの青茶。
   まったりとしている味わいは、舌を染めてしまいます。
後味:【もう一杯!】と後ろ髪を引かれる思い。
湯温:100度のお湯で入れ、香りを100%引き出して下さい。

Lesson5→次は紅茶の作り方です!