中国茶・緑茶/西湖龍井国宝明前二十八号





↑クリックで拡大出来ます。
【名前】西湖龍井国宝明前二十八号
【産地】浙江省獅峰山
【季節】2012年春
【期限】2014年12月
【重量】50g
【効能】癌予防、虫歯予防、血圧低下、解熱作用
【製法】摘む - 殺青 - 揉捻 - 乾燥。(緑茶
【保存】10度以下の冷蔵庫で保存して下さい。
【品質】日本の検査基準を満たしております。
【形状】薄っぺらく平べったい形になります。
【特徴】お豆のような香りがするのは特徴。

龍井茶ファンにはたまらないこの季節ですね♪
今年の龍井茶も非常に良い商品を取り扱う事が出来ました!

2012年はお茶を摘む時期が例年よりも遅れてしまい、
地方によっては半月以上遅れたお茶の産地もありました。
お茶の時期が遅れると農家の方達は厳しい条件を強いれられます。

中国茶は清明節までに摘んだお茶を「明前茶」と呼び、
その年の最高級品として格付けされます。
清明節は毎年4月5日と決まっております。
その為、例えば3月10日からお茶が作られるのと3月20日から作られるのでは、
10日ほどの差があるとした場合は年収で10%前後の影響を与えてしまいます。

今年の西湖龍井の産量が少なくなり、
更に、4月21日に梅家wuのお茶工場が火事になり、
多くの龍井の新茶がこの火事で失ってしまいました。
その為、今年の龍井茶は希少価値が高くなっております。
  • 西湖龍井国宝明前二十八号のこだわり

西湖龍井は1200年の歴史があり中国の有名な緑茶です!
中国緑茶の「王様」と呼ばれ、二大緑茶の一つです。

龍井の由来は原産地の龍井区と龍井泉の2つと言われています。
杭州西湖の近くに「獅、龍、雲、虎、梅」5つの産地があります。

この茶葉は、獅峰山で採れた龍井茶です。
香ばしい香りや優しい舌触りには、
お茶が育ってきた素晴らしい環境を感じる事が出来ます。
更に、ゆっくりゆっくり火を入れながら、
丁寧に作られた龍井茶は、しっとりとした甘みを含みます。

こんな素晴らしいお茶と出会えることは、
私が中国茶の世界にどっぷりと浸かってしまう理由です♪
  • 西湖龍井国宝明前二十八号の形とは?

龍井茶の形は薄っぺらく平べったい形になります。
これは龍井茶の伝統的な特徴と言えます。

龍井茶は清明節(2012年度は、四月四日)に摘まれる茶葉が極上とされ、
明前茶(ミンチィェン)と呼ばれています。
一槍一騎(一芽一葉)で茶葉を摘み、
茶葉の形が雀の舌に例えられることから雀舌と呼ばれております。
これは茶葉が柔らかい事を証明になります。
  • 西湖龍井国宝明前二十八号の香りとは?

龍井茶には必ずしなければならない香りがあります。
それは豆のような香りと言われていまして、
中国語では「豆香」と言われています。

この香りの純度が高ければ高いほど良い物という表現をします。
明前二十八号龍井茶は豆の香りが非常にしっかりしています。
今年の三種類ある龍井茶の中では香りが一番純粋な「豆香」を感じて頂けます。
是非本物の「豆香」をお楽しみ頂ければと思います。
  • 西湖龍井国宝明前二十八号の味とは?

口に含んで頂きますと、
柔らかさが「フワー」っと広がります。
この柔らかさが中国茶の中では最も大切です!v
良い茶葉は「ファー」と溶けるような感覚があります。
この感覚があれば間違いなく良いお茶だと言えます♪

純度の高い豆の香りも口の中に広がって来ます♪♪
渋味や雑味、そして苦味など全くない素晴らしい味わい!

後味もしっかりとあります!
口の両側から甘い感じを感じて頂けます。
これが龍井茶の最高級になっております。

皇帝が惚れ込んだお茶をどうぞ!!
  • おすすめ茶葉