中国茶・緑茶/西湖龍井明後特級





↑クリックで拡大出来ます。
【名前】西湖龍井明後特級
【産地】浙江省獅峰山
【季節】2013年春
【期限】2015年12月
【重量】50g
【効能】癌予防、虫歯予防、血圧低下、解熱作用
【製法】摘む - 殺青 - 揉捻 - 乾燥。(緑茶
【保存】10度以下の冷蔵庫で保存して下さい。
【品質】日本の検査基準を満たしております。
【形状】薄っぺらく平べったい形になります。
【特徴】お豆のような香りがするのは特徴。

2013年はお茶を摘む時期が例年よりも早く、
3月13日前後から摘み始めている茶工場が多かったです。
お茶の時期が早まると農家の方達にとっては収入の多い1年となります!

中国茶は清明節までに摘んだお茶を「明前茶」と呼び、
その年の最高級品として格付けされます。
清明節は毎年4月5日と決まっております。
その為、例えば3月10日からお茶が作られるのと3月20日から作られるのでは、
10日ほどの差があるとした場合は年収で10%前後の影響を与えてしまいます。

今年の西湖龍井の産量は去年よりも多かったです!
美味しいお茶もたくさん作られていますので、
2013年の味わいと香りをお楽しみ下さい!
  • 西湖龍井明後特級のこだわり

西湖龍井は1200年の歴史があり中国の有名な緑茶です!
中国緑茶の「王様」と呼ばれ、二大緑茶の一つです。

龍井の由来は原産地の龍井区と龍井泉の2つと言われています。
杭州西湖の近くに「獅、龍、雲、虎、梅」5つの産地があります。

この茶葉は、獅峰山で採れた龍井茶です。
香ばしい香りや優しい舌触りには、
お茶が育ってきた素晴らしい環境を感じる事が出来ます。
更に、ゆっくりゆっくり火を入れながら、
丁寧に作られた龍井茶は、しっとりとした甘みを含みます。

こんな素晴らしいお茶と出会えることは、
私が中国茶の世界にどっぷりと浸かってしまう理由です♪
  • 西湖龍井明後特級の形とは?

龍井茶の乾茶は綺麗な黄緑色になります。
龍井茶の柔らかい新芽は薄い黄色となり、
炒った後、茶葉の色は黄緑色になるのです!
一般的に濃い緑色の龍井茶が等級が低くなります。

乾茶の形を見て頂きますと、
平べったく均一な大きさであり滑らかさがあります。

淹れた茶葉は広がって大きくなります。
その時に茶葉の柔らかさも見て頂く事が出来ます。
明後の龍井茶の原料は一芽二、三葉まで摘みます。
  • 西湖龍井明後特級の香りとは?

乾茶の香りを感じて頂きますと、
これは新茶だなというイメージがすると思います。
豆の香りがはっきりと感じられます。

飲んで頂きますと、豆の香りに包まれ満足感が溢れます。
炒った豆の香りを心の中で強く感て頂けると思います♪
後は甘みと豆の香りが口に広がります。

普通の緑茶は後味があまりなく、
龍井茶の後味はまったりと甘いです。
何杯か飲んだ後、口の中には甘さが溢れます。
  • 西湖龍井明後特級の味とは?

この西湖龍井の味を紹介させて頂きます。
1煎目:純度の高い豆の香りが溢れてきます。
:舌を豆の味で包まれるような感じがします。
2煎目:しっとりとした香りが非常に心地良い。
:苦みをまったく含まない香ばしさ!
3煎目:新鮮な香りがまだまだ続いています♪
:しっかりとした味わいに包まれます!






  • おすすめ茶葉