紅茶/陽羨紅茶・雨前特級





↑クリックで拡大出来ます。
【名前】陽羨紅茶・雨前特級
【産地】江蘇省宜興市
【季節】2012年春
【期限】2017年12月
【重量】50g
【保存】常温で保存して下さい。
【製法】摘む - 委凋 - 揉捻 - 発酵 - 乾燥(紅茶
【品質】日本の検査基準を満たしております。
【形状】芽が多くて小さめで可愛い茶葉。
【特徴】香りの純度は極めて高い。
紫砂壺の産地である宜興において最も飲まれているお茶です。
他の産地では紅茶を飲む習慣はありませんが、
宜興ではレストランでもホテルでも先生のオフィスでもこのお茶!

香ばしく甘味の強い茶葉は非常におすすめです♪
中国式!?と言われる蓋碗や紫砂壺を用いて淹れる方法ですが、
何回もお湯を注ぎ足して飲む方法を中国式と呼ばれています。

紅茶の香りと甘味が上手に引き出すことが出来る茶葉だと思います。
苦味もほとんどありませんので紅茶が苦手な方でも大丈夫です。
  • 陽羨紅茶・雨前特級のこだわり
この陽羨紅茶は紫砂壺の故郷「江蘇省宜興」作られます。
秦の時代にこの地は「陽羨」と呼ばれていた事からこの名前が付けられました。
唐の時代に皇帝に献上されていた陽羨「紫筍茶」と同じ産地で作られ、
昔からお茶の産地としては有名で悠久な歴史があります。

宜興紅茶とも呼ばれるこの紅茶は紫砂壺を育てるのに適している茶葉です。
紫砂壺の色合いと光沢がよくなり育てるのに最も良いと先生方も一押し!
  • 陽羨紅茶・雨前特級の形とは?
乾茶の色合いは黒く輝きがあり、
専門用語では「宝光」色と呼ばれています。
紅茶にとって、「宝光」色がよく見えるお茶は良質の紅茶になります。

茶葉は細くて長い形をしています。
茶葉の大きさが揃っています。
これは茶葉の等級を見る時に必要な事です!

黒く輝いた茶葉の中に黄色い新芽を含んでいます。
新芽があるので、甘みがはっきりと感じられます。
新芽が多ければ多いほど等級が高くなります。
  • 陽羨紅茶・雨前特級の香りとは?
乾茶の香りを感じてみて下さい。
花のような甘い香りがよく感じられます。

お茶を淹れて頂き、
芯のある力強さが茶器から溢れ出てきます。
はっきりしている花の香りと、
甘い香りは個性の強い香りになります。
飲んで頂ければ、しっかりとイメージ出来ると思います!
  • 陽羨紅茶・雨前特級の味とは?
お茶を頂く前に、香りを感じて頂き、
香りからこのお茶の美味しさがわかると思います。
純度の高い花の香りが心を満たしてくれます。

飲んで頂くと、まろやかな甘味に魅了される事でしょう♪
優しい味わいが口の中に溶けます。
繊細な甘味を感じて頂きながら味わいを楽しんで下さい。
飲んだ後にすっきりとした甘さが口の中に広がり、

幸せな気分を満喫して頂けると思います。
  • おすすめ茶葉